本文へスキップ

☆父清水伸一が「趣味としてのアメリカ大統領」と「バイラバイラの魅力」を語ります。

米大統領の格付け(2)


【このページの主な構成】
・ マーレイ教授&ブレッシング教授によるアメリカ大統領の「格付け」                  
・ ジュレジンガー・ジュニア氏による評価
・ 「タイム誌」の評価
・ ライディングとマッカイバの評価
・ 「ニューズウィーク誌」の評価
・ C-スパンの評価(最新は2017年)
・ 19世紀までのアメリカ大統領を比較〜55年を隔てた評価の変遷 

【付論】第21代アーサーの肖像写真について

◆ マーレイ教授&ブレッシング教授によるアメリカ大統領の「格付け」
マーレイ教授らが格付け結果をまとめた著書「ホワイトハウスにおける偉大性」(1988年、ペンシルベニア州立大学発行。下の写真)で発表した。マーレイ教授らは、1982年に、846人の学識経験者に対し、180問にも及ぶ質問を付して評価を依頼しており、権威ある格付けと言える。
 

 区分  マーレイ教授&ブレッシング教授による格付け
 偉大 1.リンカン
2.第32代ローズベルト
3.ワシントン
4.ジェファソン 
 偉大に近い 5.第26代ローズベルト
6.ウィルソン
7.ジャクソン
8.トルーマン 
 平均超 9.第2代アダムズ
10・第36代ジョンソン
11.アイゼンハワー
12.ポーク
13.ケネディ
14.マディソン
15.モンロー
16.第6代アダムズ
17.クリーブランド
平均 18.マッキンリー
19.タフト
20.バンビューレン
21.フーバー
22.ヘイズ
23.アーサー
24.フォード
25.カーター
26.第23代ハリソン 
平均未満  27.テーラー
◆ レーガン
28.タイラー
29.フィルモア
30.クーリッジ
31.ピアース 
失格  32.第17代ジョンソン
33.ブキャナン
34.ニクソン
35.グラント
36.ハーディング 
(注)任期が短かった第9代ハリソンとガーフィールド、現職のレーガンは評価の対象外とされた。
レーガンについては、1989年に別途投票が行われ、「平均未満」28位の評価だった(アリゾナ大学のリン・ラグズデール教授著「大統領の重要統計 ワシントンからクリントン」(1998年、コングレショナル・クォータリー社発行)27〜28ページ)。

◇ マーレイ教授らの格付けにおける分かれた評価
@特に評価が大きく別れた大統領は、第37代ニクソン、第36代ジョンソン、第31代フーバー、第7代ジャクソン、第6代アダムズ、第17代ジョンソンだった。
A評価が一致した大統領は、上位の3人、第16代リンカン、第32代ローズベルト、初代ワシントンだった。
B評価の分かれが大きかった順に見ると次のような結果だった。かっこ内の数値が高いほど、評価が大きく分かれたことを示している。
→1.ニクソン(1.128) 2.第36代ジョンソン(1.066) 3.フーバー(1.065) 4.ジャクソン(1.027) 5.第6代アダムズ(1.011) 6.第17代ジョンソン(1.004) 7.トルーマン(0.993) 8.ウィルソン(0.983) 9.カーター(0.975) 10.ポーク(0.975) 11.ケネディ(0.920) 12.マディソン(0.913) 13.第2代アダムズ(0.880) 14.アイゼンハワー(0.871) 15.クリーブランド(0.856) 16.ジェファソン(0.853) 17.グラント(0.848) 18.ブキャナン(0.805) 19.タイラー(0.783) 20.フィルモア(0.778) 21.第26代ローズベルト(0.777) 22.クーリッジ(0.771) 23.マッキンリー(0.762) 24.フォード(0.761) 25.タフト(0.758) 26.モンロー(0.752) 27.アーサー(0.746) 28.ハーディング(0.737) 29.テイラー(0.732) 30.ピアース(0.715) 31.バンビューレン(0.711) 32.ヘイズ(0.683) 33.第23代ハリソン(0.678) 34.ワシントン(0.629) 35.第32代ローズベルト(0.586) 36.リンカン(0.480)

         

◆ シュレジンガー・ジュニア氏による評価
1996年、氏ほか32人の歴史学者、政治家が行った評価をまとめたもの。『ポリティカル・サイエンス・クォータリー』誌(1997年夏号=第11号)に「大統領の格付け ワシントンからクリントンまで」の表題で公表された。
 区分  シュレジンガー・ジュニア氏による格付け     
 偉大 1.リンカン
2.ワシントン
3.第32代ローズベルト
 偉大に近い 4.ジェファソン
5.ジャクソン
6.第26代ローズベルト
7.ウィルソン
8.トルーマン
9.ポーク
 平均超 10.アイゼンハワー
11.第2代アダムズ
12.ケネディ
13.クリーブランド
14.第36代ジョンソン
15.モンロー
16.マッキンリー
 平均  17.マディソン
18.第6代アダムズ
19.第23代ハリソン
20.クリントン
21.バンビューレン
22.タフト
23.ヘイズ
24.第41代ブッシュ
25.レーガン
26.アーサー
27.カーター
28.フォード
 平均未満 29.テーラー
30.クーリッジ
31.フィルモア
32.タイラー
 落第 33.ピアース
34.グラント
35.フーバー
36.ニクソン
37.第17代ジョンソン
38.ブキャナン
39.ハーディング 
(注)任期が短かった第9代ハリソンとガーフィールドは評価の対象外とされた。

         

◆ 「タイム誌」の評価

○ タイム誌は1998年4月13日号の100周年特集号で、20世紀の大統領17人を9人の歴史家が評価した。
1 第32代ローズベルト、2 第26代ローズベルト、3 ウィルソン、4 トルーマン、5 アイゼンハワー、6 レーガン、7 第36代ジョンソン、8 ケネディ、9 第41代ブッシュ、10 クリントン、11 タフト、12 フォード、12(タイ) クーリッジ、14 カーター、15 ニクソン、16 ハーディング、17 フーバー
※ 評価した9人の歴史家とは、アンブローズ、ブリンクリー、ダレク、デイビッド・ケネディ、ルクテンバーグ、メイ、マクドゥーガル、パーメット、シュレジンガー(ケネディ政権の特別補佐官)である。

         

◆ ライディングスとマッカイバの評価

○ 弁護士のウイリアム・ライディングスと歴史雑誌編集長のスチュアート・マッカイバは2000年に出版したその著書「歴代大統領の格付け」で、719人の歴史家等に格付けを依頼、現職クリントンまで41人を評価した。また、在任期間の短かった第9代ハリソンやガーフィールドの2人も評価対象としている。

上位の10人は以下のとおり。1 リンカン、2 第32代ローズベルト、3 ワシントン、4 ジェファソン、5 第26代ローズベルト、6 ウィルソン、7 トルーマン、8 ジャクソン、9 アイゼンハワー、10 マディソン。

なお、第9代ハリソンは35位、ガーフィールドは30位、クリントンは23位だった。

☆ライディングスとマッカイバによる大統領の格付けの詳細
 総合順位 /( )内は代数  リーダーシップ  業績・危機管理 政治的手腕  任用 性格・清廉さ 
 1.リンカン(16) 2  1  2  3  1 
 2.ローズベルト(32)  1  2  1  2  15
 3.ワシントン(1)  3  3  7  1  2
 4.ジェファソン(3)  6  5  5 4  7 
 5.ローズベルト(26)  4 4  4  5  12 
6.ウィルソン(28)   7 7  13  6  8 
 7.トルーマン(33)  9 6  8  9  9 
 8.ジャクソン(7)  5 9  6  19 18 
 9.アイゼンハワー(34) 10  10  14  16 10 
 10.マディソン(4) 14  14  15  11 6 
 11.ポーク(11) 12 8  12  15 20 
12.ジョンソン(36) 11  12  3  10 37 
13.モンロー(5)  15  13  16  8  13 
14.アダムズ(2)  17  11  21  13 3 
15.ケネディ(35)  8  16  10  7  34 
16.クリーブランド(22&24)  13 17  19  17  16 
17.マッキンリー(25) 18  15  17  18 19 
18.アダムズ(6)  20  20  25  12 4 
19.カーター(39)  28  22  32  14 5 
20.タフト(27)  25  21  30  20 14 
21.バンビューレン(8)  19  24  11  22 25 
22.ブッシュ(41)  24  18  27  25 24 
23.クリントン(42)  26  23  20  24 38 
24.フーバー(31)  22  33  34  21 11 
25.ヘイズ(19)  29  26  23  26 22 
26.レーガン(40)  16  27  9  39 39 
27.フォード(38)  34  28  24  23 17 
28.アーサー(21)  31  25  22  27 33 
29.テーラー(12)  23  31  33  28 23 
30.ガーフィールド(20)  30  36  26  32 26 
31.ハリソン(23)  32  29  29  29 28 
32.ニクソン(37)  21  19  18  34 41 
33.クーリッジ(30)  37  34  28  31 21 
34.タイラー(10)  35  30  35  30 27 
35.ハリソン(9)  33  39  36  35 29 
36.フィルモア(13)  36  32  31  33 31 
37.ピアース(14)  38  37  37  36 35 
38.グラント(18)  27  35  40  40 32 
39.ジョンソン(17)  39  38  41 37 30 
40.ブキャナン(15)  40  41  39  38 36 
41.ハーディング(29)  41  40  38  41 40 

          

◆ 最も偉大な大統領 レーガン氏選ばれる(2001(平成13)年2月20日付け讀賣新聞 ワシントン19日=柴田岳氏)
米ギャラップ社が米国民の祝日「プレジデンツ・デー」(2月の第3月曜日、今年は19日)に合わせて発表した恒例の世論調査によると、「史上最も偉大な米大統領」に、レーガン氏が回答者の18%の支持を得て選ばれた。2位はケネディ(16%)、3位はリンカーン(14%)。
レーガン氏は昨年調査ではケネディ(1位)らに次いで4位だったが、米国では昨年から、東西冷戦に勝利し経済繁栄の基礎を築いたレーガン氏の功績に対し、新たな伝記が発行されるなど再び注目が集まっている。共和党のブッシュ新政権も、レーガン時代を連想させる大型減税や国益重視の外交方針を掲げた。
アルツハイマーで闘病中のレーガン氏は、1月に自宅で転んででん部を骨折し、手術を受けたが、無事退院。今月、90歳の誕生日を迎えた。ギャラップ社は、こうした一連の直後に調査が行われたことも、レーガン氏の高支持率回復につながったと分析している。

          

◆ 忘れ去られる初代ワシントン大統領 「偉大な大統領」調査7位(2005(平成17)年2月23日付け産経新聞 ワシントン=近藤豊和氏)
米国建国の父の名声は、すでにはるかかなたに・・・。「大統領の日」の21日を受けて、ワシントン単科大(メリーランド州)が行った世論調査によると、米国人の間で初代ワシントン大統領になじみが薄くなっていることが明らかになった。
調査によると、「米国で最も偉大な大統領」として選ばれたのは、リンカーン大統領の20%がトップで、次いでレーガン大統領の15%、フランクリン・ルーズベルト大統領の12%、ケネディ大統領の11%、クリントン大統領の10%。現在のブッシュ大統領が8%で6位となったが、初代のワシントン大統領は6%で7位に甘んじた。
また、ワシントン大統領が独立戦争を指揮したことを知る人は、46%にとどまった。ワシントン大統領と桜の木にまつわる有名な話については、50歳以上では9割の人が知っていたが、18歳から29歳までの世代で知っているのは57%だけだった。
          

◆ 「ニューズウィーク誌」の評価 2012/10/18記
〇 ニューズウィーク誌は2012(平成24)年秋季号で、2012年6月に調査した、一般国民と10人の歴史家による20世紀以降の歴代大統領の格付け、ベスト・テンを発表した。
〇 一般国民は無作為に抽出した600人のアメリカ国民で、一方の歴史家は、アラン・ブリンクリー、リザベス・コーヘン、ウィリアム・シェイフ、ロバート・ダレク、ベバリー・ゲイジ、デイビッド・ナソー、マーティン・シャーウィン、デイビッド・ケネディ、デイビッド・レバーニング、リチャード・リーブスの10人である。

一般国民  ベスト・テン  歴史家 
第40代レーガン  第1位  第32代ローズベルト 
第42代クリントン  第2位  第26代ローズベルト 
第32代ローズベルト  第3位  第36代ジョンソン 
第35代ケネディ  第4位  第34代アイゼンハワー 
第44代オバマ  第5位  第28代ウィルソン 
第33代トルーマン  第6位  第33代トルーマン 
第26代ローズベルト  第7位  第42代クリントン 
第34代アイゼンハワー  第8位  第35代ケネディ 
第39代カーター  第9位  第40代レーガン 
第41代父ブッシュ  第10位  第44代オバマ 

          

◆ 1位リンカーン、トランプ氏びり 米歴代大統領を格付け
米ヒューストン大とボイシ州立大学は20日までに、米国政治学会に所属する政治学者ら170人による歴代大統領の「偉大さ」を判定する格付けを発表した。
1〜3位は奴隷解放を宣言したリンカーン、初代大統領ワシントン、第二次世界大戦を率いたフランクリン・ルーズベルト。現職のトランプ大統領は44位で最下位だった。
リンカーンは総合評価で100点満点中95.03点だったのに対し、トランプ氏は12.34点。
党派別でもトランプ氏は共和党支持の学者らの間でも40位にとどまった。
【出典】産経新聞 2018(平成30)年2月22日付け、ワシントン、黒瀬悦成

          

◆ C-スパンの評価(最新は2017年) 詳細はこちら 
2017年に大統領研究者など学識経験者91人が大統領のリーダーシップ等10項目に着目して評価したもの。
この10項目は次のとおり。各100点満点で採点。
この中でCは定義や評価範囲がわかりにくいですね。
括弧内は西川秀和先生(日本における歴代アメリカ大統領研究の第一人者)がホームページで掲載している訳です。
@Public persuasion(国民を説得する力)
ACrisis leadership(危機におけるリーダーシップ)
BEconomic management(経済に関する手腕)
CMoral authority(倫理的権威)
DInternational relations(国際関係)
EAdministrative skills(行政手腕)
FRelations wih Congress(議会との関係)
GVision / setting an agenda(先見性・方針決定能力)
HPursued equal justice for all(公正の追求)
IPerformance within the context of the times(時代の流れに即した行動)
【出典】ブリアン・ラム氏、スーザン・スワン氏、C-スパン「大統領」(2019年、パブリック・アフェアーズ社発行)
大統領名(代数)  2017年の得票  2017年順位  2009年順位  2000年順位 
リンカン(16)  907
ワシントン(1)  868 
ローズベルト(32)  855 
ローズベルト(26)  807 
アイゼンハワー(34) 745 
トルーマン(33)  737 
ジェファソン(3)  727 
ケネディ(35)  722 
レーガン(40)  691  10  11 
ジョンソン(36)  687  10  11  10 
ウィルソン(28)  683  11 
オバマ(44)  669  12  NA  NA 
モンロー(5)  646  13  14  14 
ポーク(11)  637  14  12  12 
クリントン(42)  634  15  15  21 
マッキンリー(25)  627  16  16  15 
マディソン(4)  610  17  20  18 
ジャクソン(7)  609  18  13  13 
アダムズ(2)  604  19  17  16 
ブッシュ(41)  596  20  18  20 
アダムズ(6)  590  21  19  19 
グラント(18)  557  22  23  33 
クリーブランド(22・24)  540  23  21  17 
タフト(27)  528  24  24  24 
フォード(38)  509  25  22  23 
カーター(39)  506  26  25  22 
クーリッジ(30)  506  27  26  27 
ニクソン(37)  486  28  27  25 
ガーフィールド(20)  481  29  28  29 
ハリソン(23)  462  30  30  31 
テーラー(12)  458  31  29  28 
ヘイズ(19)  458  32  33  26 
ブッシュ(43)  456  33  36  NA 
バンビューレン(8)  450  34  31  30 
アーサー(21)  446  35  32  32 
フーバー(31)  416  36  34  34 
フィルモア(13)  394  37  37  35 
ハリソン(9)  384  38  39  37 
タイラー(10)  372  39  35  36 
ハーディング(29)  360  40  38  38 
ピアース(14)  315  41  40  39 
ジョンソン(17)  275  42  41  40 
ブキャナン(15)  245  43  42  41 

【主張】
1 父清水伸一は、ワシントンからマッキンリーまでの大統領の評価と第26代ローズベルト以降の大統領の評価を分けて行うことが適当であると考えている。
19世紀までの世界と20世紀以降の世界では、大統領を取り巻く政治・経済・外交などの環境が大きく異なり、評価の視点も明らかに違うほか、多くの近年の大統領が歴史に属していないことなどもあり、歴代大統領全員を一律に評価するのは無理があるのではないかというもの。

2 18世紀・19世紀の大統領に限った評価のうち、興味を引くのがグラント(下の写真左)の評価で、「失敗=最下位」と評価した1962年父シュレジンガー氏の格付けと比べると、2017年実施のC-スパンでは第11位とずいぶん上がっている。グラントの次に評価の振れ幅が大きかったのはモンロー(下の写真右。LIFE社「合衆国に歴史」第3巻 P.146)のそれであった。

 

          

◆ 19世紀までのアメリカ大統領を比較〜55年を隔てた評価の変遷 
そこで、父清水伸一が19世紀までの大統領を抽出し、2つの格付け=評価で比較してみると次のような結果となった。
順位  1962年ジュレジンガー(括弧内は代数) 順位  2017年C-スパン(括弧内は代数)
1  リンカン(16)  1  リンカン(16)
 2  ワシントン(1)  2  ワシントン(1)
 3  ジェファソン(3)  3  ジェファソン(3)
 4  ジャクソン(7)  4  モンロー(5)
 5  ポーク(11)  5  ポーク(11)
 6  アダムズ(2)  6  マッキンリー(25)
 7  クリーブランド(22・24)    7  マディソン(4)
 8  マディソン(4)  8  ジャクソン(7)
 9   アダムズ(6)  9  アダムズ(2)
 10  ヘイズ(18)  10  アダムズ(6)
 11  マッキンリー(25)  11  グラント(18)
 12  バンビーュレン(8)  12 クリーブランド(22・24)  
 13  モンロー(5)  13  ハリソン(23)
 14  ハリソン(23) 14   テーラー(12)
 15  アーサー(21)  15  ヘイズ(19)
 16   ジョンソン(17)  16  バンビューレン(8)
 17  テーラー(12)  17  アーサー(21)
 18   タイラー(10) 18  フィルモア(13)
 19  フィルモア(13)  19  タイラー(10)
 20  ピアース(14)  20  ピアース(14)
 21  ブキャナン(15)  21  ジョンソン(17)
 22  グラント(18)   22  ブキャナン(15)
【父清水伸一(注)】
C-スパンの評価では第9代ハリソン(下の写真左。LIFE社「合衆国の歴史」第3巻 P.98)と第20代ガーフィールド(下の写真右)も対象としているが、この比較では割愛した。
 

          

◆【付論】第21代アーサーの肖像写真について
  
  
  
サイトで公開されている公式の肖像写真6態(No.1, No.3, No.4, No.5, No.8, No.不詳)。公開の写真は写真に手書きされた文字が読める向きでプリントされている。しかし、アーサー大統領の上衣の合わせからすれば上記掲載の写真、すなわち公開の写真を反転したもの、が正しい(実際の)向きと考える。ちなみに、撮影期日はNo.4のプリントから「1882年4月19日」ころと推察される。
 
副大統領アーサーの肖像写真。上右はトリミングしていないもの。

以下のアーサーの肖像写真は撮影時期は不詳である。
最近のSNS投稿・・・こちら と こちら